もうひとつの場面は

ノートパソコンの画面の前で、変化しているマーケットを目を向けていると何やら売買をしたいという思いに追い立てられる場合も少なくないだろう。

だけど、あやふやな思いつきで取引することは避ける必要があります。

ご存知の通り、外国為替相場は年中どこかのマーケットはオープンしているし、相場も常に、変動しています。

とは言っても、闇雲にエントリーをしているとそれだけマイナスになる確率が上がります。

確かに売り買いの数を積む事で少しずつ儲けられる確率か50%、50%になるのは周知の通りです。

でもその事は「なんだか分からない勘で取引」してしまうこととは別問題です。

エントリー回数を積み重ねるというのは自ら「ここがチャンス」と考えるチャンスを得られた状態での取引回数を積むという事を言っています。

何となく、次々とエントリーを重ねるのとは大きく異なります。

市場の戦いに立ち向かうためには、己で意識して緩急をつけることこそが必要です。

「ここは!」と考えた相場の時には覚悟を決めてポジションを積み増して徹底的に儲けを追い求めます。

「明らかに難しい市場で、どう上下するのか考え付かないな」と思い至った時はいっそのこと売買ポジションをすべて閉じて放置します。

これぐらいのメリハリがあったほうか最終的には売り買いは勝利します。

外国為替相場の格言には「休むも相場」というものがあります。

まさに言葉どおりだと思います。

為替取引とは常にポジションを保持する事が大切ではなくポジションを保有せず待っている事も事態によっては、必要です。

じゃあ、どういう時に、休めばいいのでしょうか。

最初に言われるのが前述したように、現在の市場がしっかりと難しいときです。

そこから上がるのか下がるのか決断できない時は、間違って判断すると、自分自身で作ったストーリーとは異なった方向に外国為替相場が変化してしまい、損失を被る事になります。

そのため、そういった場面ではポジションを諦めそのまま見ているだけが最良の選択です。

もうひとつの場面は、コンディションがよくない時です。

体の具合とマーケットにつながりがない考える投資家もいるだろうが。

実際には思いのほかつながりがあります。

体の調子が思わしくなければ、外国為替相場の失敗できない局面で、冷静な決断が難しくなります。

関心がわかない時は相場から目をそらす事も重要な事です。

Link

Copyright © 1996 www.ehoneyextractor.com All Rights Reserved.